治療案内

保険診療と自費診療

保険診療とは、誰もが平等な治療が受けられるように考えられたシステムです。自己負担額は少なくてすむのですが、国の財政上、限られた材料・技術・治療方法でしか治療が認められていないため、その規定内での歯科治療を行います。

自費診療とは、患者様が治療費を自己負担していただくシステムです。制限のある保険診療に比べ患者様の希望に合った材料、治療方法が自由に選択できるため、より高度で質の高い治療をご提供できます。一見高額で贅沢な治療というイメージが強いと思いますが、歯の強度、色、かみ合わせを考えて精密に作製するため、最も歯を大切にし、最も再治療の少ない方法で治療が行えます。

現在の保険制度は、歯科医療の進歩から約50年遅れているともいわれ、銀歯やプラスティックの前歯などの治療は、先進国の中で日本以外どこにもない治療法だそうです。 当院では保険診療においても最善で最高の治療をご提供し、できるだけ再治療の少ない治療を心がけています。治療法や治療計画などは患者様と十分話し合い選択していきますので、わからないことや気になることはどんなことでもご質問ください。

保存修復治療(保険適応、一部保険適応外)

メタルインレー虫歯によって穴のあいた部分を修復する治療法です。
小さな虫歯では、削ったあとに白いプラスティックを詰めるコンポジットレジン充填法を、大きくて深い虫歯は型をとり金属の詰めものを入れていくインレー修復法を行っていきます。両方とも保険適応です。しかし金属は目立つなどの理由により白い詰めものにする場合はセラミックを使った自費診療となります。

当歯科医院では患者様の痛みを極力少なくするために、従来の注射針よりも細い針を使用したり、特殊な注射器や切削器具を使用して治療を行っています。

歯内療法(保険適応)

歯内療法(保険適応) 歯内療法とは歯の神経の治療や歯の根にできた病巣(細菌や膿が溜まった病巣)に対する治療法です。
虫歯が重症化すると神経に細菌が感染し神経が死んでしまいます。このような状態になったとき死んでしまった神経を除去し根の中をきれいに消毒します。また、以前治療した歯が再度痛みだしてしまった場合、根の尖端に病巣ができてしまっていることがあります。このような状態になった場合は再度根の治療を行い消毒していきます。最終的にどちらの方法も薬剤等で密閉し、金属の土台を入れ、冠をかぶせます。

注意しなければならないのは、これを放っておき症状が進行すると周囲の骨を破って腫れ、手遅れになって歯が助からないことがあります。また、神経が死んでしまって自覚症状が無くなってしまいそのまま放置してしまうと、患者様が気づかないうちに全身の色々なところに影響をおよぼしてしまうことが分かってきています。

当歯科医院では早期発見早期治療はもちろん、困難な症例によってはマイクロスコープを使用し細かく治療を行っていきます。

歯周病治療(保険適応、一部保険適応外)

歯周病は口腔内の細菌が引き起こす病気です。症状としては歯肉から血が出る、歯茎が腫れる、歯がぐらぐらする、口臭がひどくなる等です。
初期の状態であれば、ブラッシングとお口の中のクリーニングで改善できますが、重度になると歯を抜かなければならなくなってしまいます。 
歯周病の治療には歯周基本治療と歯周外科治療があります。
歯周基本治療は、検査を行い、歯周病の原因となる歯垢・歯石・不良補綴物等を取り除き治療を行っていきます。
歯周外科治療は基本治療で改善しなかった部分を外科的に治療していく方法です。
歯周外科治療は基本的に保険適応ですが、再生療法に使用する材料や方法によって自費診療となります。

当歯科病院では基本治療から歯周外科までしっかりと患者様にあった計画を立て治療を行っていきます。

補綴治療(保険適応、一部保険適応外)

補綴治療(保険適応、一部保険適応外)重度の虫歯で神経を処置した歯などに対して金属冠をかぶせたり、重度の虫歯や歯周病等で失われた歯に対して、ブリッジ補綴(歯と歯に金属冠で橋をかける)・部分床義歯補綴(部分入れ歯)、歯が残存していない場合は全部床義歯補綴(総入れ歯)によって治療を行っていきます。冠やブリッジなど白くする場合は一部自費となります。

顎関節症(保険適応)

顎関節症とは、口をあけるときに音がする・口が開かなくなってしまう等の症状をいいます。症状を改善するために咬みあわせの調整や、スプリントによる治療法を行っていきます。

予防歯科

歯垢や歯石を定期的に除去し、口腔内の環境を整え虫歯や歯周病が進行しないように管理を行っていきます。詳しくはトップページの予防歯科をご覧ください。